Tom Burn » Counsellor, Political and Media, Tokyo

IDAHO : 「国際反ホモフォビア&反トランスフォビアの日」

Feature image for:  IDAHO  : 「国際反ホモフォビア&反トランスフォビアの日」

英国は均等な機会を支持します

ご記憶にあるかも知れませんが、一昨年も、IDAHO -「国際反ホモフォビア&反トランスフォビアの日」-についてブログを書きました。この日は、性的特質を原因とする深刻な差別、脅迫、暴力に苦しむ世界中の人々に思いを寄せる一日です。 Read more »IDAHO : 「国際反ホモフォビア&反トランスフォビアの日」

Great Britten

Feature image for:  Great Britten

ロンドン交響楽団と日本との長い交流が続いています。先週の土曜日、私は、幸運にも、東京のサントリーホールで行われたロンドン交響楽団のコンサートに出掛ける機会に恵まれました。 Read more »Great Britten

英国は 美味しい!

Feature image for:  英国は 美味しい!

今週、大使が英国料理の素晴らしさを紹介するレセプションを主催しました。日本では、英国料理について、古い情報に基づく批判をよく耳にしますが、オリンピック期間中、日本のメディアからは、ロンドンで満喫した英国料理の豊富なバラエティー、質的な面やクリエイティビティーの高さに驚きの声が上がるなど、高い評価を受けました。 Read more »英国は 美味しい!

London 2012からTokyo 2019へ

London 2012 Aquatics Centre designed by Zaha Hadid

今日、大変嬉しいニュースが飛び込んできました!ロンドン・オリンピックのアクアティクス・センターを設計したことで知られる、イラク出身で英国在住のデザイナー、ザハ・ハディット女史の作品が、東京の新国立競技場の国際デザイン・コンクールで最優秀賞に選ばれたのです。 オリンピックの金メダリストであるモー・ファラー選手と同じく、英国のクリエイティブ部門で大きな成功を収めているハディット女史は、英国が多様性と移民で更に豊かになり、英国に移り住んだ人々も、英国社会が提供する自由とダイナミズムの恩恵に与っていることを象徴する存在と言えましょう。 英国の建築家が東京の新しいアイコンとなる建築物のデザイナーとして選ばれたことは、個人的にも誇らしいことであり、2009年に日本での開催が決まった2019年ラグビーワールドカップというグローバルなスポーツ大会において、ロンドン・オリンピックに人々の関心を引きつけ、記憶に残る大会とするための一翼を担ったデザインが、再びスタジアムに登場することを大変嬉しく思っています。また、東京が招致に成功すれば、2020年のオリンピックでも、そのデザインは注目を浴びることでしょう。  

ブラックベリー on 新幹線

blackberry

このブログは新幹線で移動中に書いています。今回のブログは、少なくとも3つの点で、初の試みとなります。

一つ目は、このブログをブラックベリーで書いているという点です。へその緒のように、私と仕事をしっかり結びつけるブラックベリーは、私に安心感を与えてくれると同時に、時には非難がましく、昼夜を問わず、赤い目を点滅させながらメールの着信を知らせてくれます。 Read more »ブラックベリー on 新幹線

Meet the Superhumans

channel4 paralympics video

英国でオリンピックが開幕する直前、90秒間にわたり、あるプロモーション・フィルムが78に及ぶTVチャンネルを席巻し、英国民の目を釘付けにしました。「Meet the Superhumans」と題された、力強く、しかも、クリエイティブなこのフィルムは、パワフルな音楽にのって放送されました。 Read more »Meet the Superhumans

英国人が初めて ツール・ド・フランスを制覇

London 2012 offers first look at Olympic Torch design

最終的にオリンピックの開催を勝ち取ったのはロンドンですが、今週末、パリも、オリンピック精神が国境を超えることを示してくれました。パリが、英国人として初めてツール・ド・フランスを制覇したウイゴを歓迎し、オリンピック精神を示してくれたのです。 Read more »英国人が初めて ツール・ド・フランスを制覇

世界で 最もエネルギー効率の高い国は?

The World's first diesel electric hybrid double decker bus parks in front of London's City Hall before it goes into service on route 141 in London on March 16, 2007 in London. Hybrid buses, which use a combination of diesel and electric power, are said to be central to the Mayor and Transport of London's plans for a cleaner, greener bus fleet in London, and aim to start cutting the capital's Carbon Dioxide emissions helping to tackle climate change.  (Photo by Matt Cardy/Getty Images)

世界で最もエネルギー効率の高い国と言えば、革新性に優れ、高度な技術を誇る日本ではないかとお考えになる人が多いと思います。ところが、米エネルギー効率経済評議会(ACEEE=American Council for an Energy-Efficient Economy)が最近実施した調査では、世界の先進12カ国の中で英国が第1位に選ばれました。日本は、ドイツとイタリアに次いで4位という結果です。 Read more »世界で 最もエネルギー効率の高い国は?